月収12万。30代独身女の在宅ワークで小さな一人暮らし

アラフォー独身 シンプルライフに憧れて 

【スポンサーリンク】

【愚痴注意】理解不能な母


 



こんにちは。
冬季うつ?真っ最中の春花です。


12月中旬の冬至前からお正月の期間が1年の中で一番苦手な私。
今年も普通の生命維持活動…食事・睡眠、掃除・洗濯などの家事、食料品の買い物…これらをこなすので精一杯の状態でした(´-∀-`;) 


12月は仕事も1日3~4時間が限界。
それも、3日やっては2~3日休むというポンコツぶり…。


今月もまだまだ不調は続いていて
仕事は2日働いて1日休むパターンを試しているところです。
3日すら気力が続かないの(´;ω;`)


ブログも先月は3回しか更新できませんでした(TωT)
書きたい事いっぱいあったのにな…。
忘れちゃった事も多くて残念。

他の貧乏ブログも見てみる

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

 
※ここから先は愚痴になりますので苦手な方はお読みにならないで下さいね。


そんな冬季うつ真っ最中の先日、ちょっとした用事があって母に会う事がありました。


一人暮らしを始めてからは母とぶつかる事もグッと少なくなって、
生まれて初めて年末年始をひとりぼっちで過ごした寂しさも重なり、人に会える嬉しさが勝って何の警戒もせずにウキウキと会ってしまったのですね。


結果、時折現れる母の理解不能な発言にぐっさり傷ついて帰ってきました(TДT)


ちょっとぼかして内容をお伝えすると、
昨年、うつが再発して絶不調の時にある集まりがあって家族で出席したのですが
その時母に『体調が悪いから隣に座ってほしい』とお願いしてあったのです。


が、会場に行ってみると家族が微妙に分かれて座らないといけない状況に…。
すると母は『大丈夫♪大丈夫♪』と明るく捨て台詞を言いながらさっさと父と二人で離れた席に着席。
結果私は、あまり良く知らない人達&暴言を吐かれて家庭内絶縁状態の弟(うつを再発させた張本人)しかいないテーブルに置き去りにされたという事がありました。


先日会った時に話の流れでその事に触れる事があって、『あの時は体調が悪かったのに一人にされて辛かった』と伝えたところ、母から衝撃の一言が!!


『弟も一緒にいたじゃない』と…。


(゚∇゚ ;)エッ!?


宇宙人と話しているのかと思ってしまいました。


母は私が弟に暴言を吐かれた事もその結果鬱が再発したことも、家庭内絶縁状態な事も当然知っています。


それなのに『弟も一緒にいたから良いじゃない』というのは、一体何を思って言っているのか。


さっぱり意味が分からなかった私は、『弟が一緒にいた方が更に辛いんだけど…。』と
当たり前の事をあえて口に出して伝えてみました。


すると『じゃあ、今度はあんたと座るよ。』とボソッと不満そうな声で呟いていました。


あっけにとられて思考が停止してしまい黙っていると
『急に暗くなっちゃって』と、ちゃかした感じで言うのです。


この人は、私が気分を害しているのを楽しんでいるのだろうか?とさえ思いました。


私が違和感を感じた『弟がいたから良いじゃない』という言葉。


私と弟が不仲な事を忘れて言ってしまったのなら認知症を疑わねばなりません。
覚えていたけど言ったのなら、他人の気持ちが全く分からない人です。発達障害を疑わなければなりません。


そして、気分を害している人に対して『急に暗くなっちゃって』なんてちゃかすのは、意地の悪い人がやる事だと思うのです。


娘の気持ちが分からない上にちゃかしてくる母…。
絶望的な気分になりました。


母親ですから、困っている時には親身になって話を聞いて欲しかったのですが、
冷静に思い返してみると子供の頃から母とのそういった思い出はありません。


学校でいじめられて辛かったときも世間体の為に我慢して学校に行けと言われました。
そういえば、その時父には『いじめられる方にも原因がある。』と今では考えられないような事を言われたな…


悩み事を相談しても、家事をしながら背中を向けて聞いていたりといつも面倒くさそうでした。


母とは本当に話したい大切な事は会話にならないけれど
中身のない会話(世間話)では楽しく話せるので、せめて気分を害される事の無いように母と会うときは気を抜かないようにしなければなりません。


私はいい年をして母に『私の思い描く母親』を求めてしまっているのかもしれません。
残念だけどいい加減諦めなければなりませんね。


新年1記事目がアラフォーおばさんの愚痴で本当に申し訳ないです。
ご存知の通りこのブログしか吐き出せるところがなくて…(´;ω;`)


最後までお読み頂きありがとうございました。